東京スカイツリー特需、盛り上がってます!

いよいよあと2か月に迫った東京スカイツリー開業日。来る5月22日に向け、自治体や民間での盛り上がりは半端ない。

建設中であるにも関わらず、その姿を一目見ようと既に周辺は観光地化していた様子。本来の電波塔としての役割だけでなく、東京の新たなる顔として人を呼び込むことができる観光の目玉として期待大だ。

私の友人は東京スカイツリーのある墨田区のお隣、足立区に住んでいる。彼の住んでいるマンションからは丁度東京スカイツリーが見えるようで日に日に完成に近づいていくその姿を見るのが楽しみだったと言っていた。

3月22日からスカイツリーへの先行予約が開始されるとのことだが、かなりの倍率になることは間違いないだろう。何せ新し物好きな日本人なのだから。

高さ634mの空から見る風景とはどのようなものだろうか。興味はあるが、ブームが落ち着いてからで私は構わないと思っている。スカイツリーは逃げないし。

ただ、先行予約でチケットを入手できた人でも前日、いや下手したらオープンの1週間くらい前から並ぶ人もきっといるのだろう。スカイツリー一番乗り! その称号を手に入れるべく猛者たちは意地になることだろう。

今月17日、東武伊勢崎線の業平橋駅が「とうきょうスカイツリー駅」に改名したそうだ。そして開業日の5月22日には、スカイツリーの御膝元にオープンする複合施設「スカイツリータウン」の一角には水族館もオープンするとのこと。

昨年の震災以降、観光収入の減少に悩んでいた日本。スカイツリーのオープンが、少しでも希望の光となればいいと思う。明るいニュースはこの国で暮らす私たちの糧となるはずだ。

それにしても、墨田区か。私が住んでいる世田谷区からだと結構遠いんだよなぁ。ぶっちゃけ、東京都の北側にはあまり行ったことがない。

私の家の最寄駅からスカイツリー駅まで約1時間はかかってしまう。同じ都内とはいえ、1時間もかかるとなると何だか億劫になってしまう。

今月で東京を離れる身なのに、スカイツリーを見ずして帰省してしまうのもなんだか後ろ髪引かれる思いだ。だがまずは東京タワーだ。東京在住5年、未だ東京タワーに上ったことがないのである。

愛車のジュークに乗って通り過ぎながら鑑賞しようと思っている。
運転するのはますます億劫だが、たまにはいいと思う。

スカイツリーに話題をかっさらわれている東京タワーだが、決して忘れちゃいませんよ。

Comments are closed.