送別会に思う。

今日は社宅の奥様達の送別会です。
うちの社宅は、昔から会社の送別会とは別に、奥さんたちが奥さんたちを送り出す、いわゆる奥様会というものがあるのです。
当然、幹事も回ってきます。
私は昨年、送別会の幹事をしたのですが、最近単身赴任の方が増え、奥様が減ったため、またすぐ幹事が回ってきそうな状態なのです。

私が転入してきたときは、子だくさんのご家族がたくさんおられて圧倒された覚えがあります。
奥様の歓迎会も、当然学校や幼稚園に行っていない小さな子どもは同伴するため、やはりにぎやかでした。
緊張しつつも挨拶をしたよなぁ、と思い出します。

その後、家を建てる方が重なったり転勤があったりでどんどん転出され、今回も2人ほど転出されるようで、社宅が少しずつ空いてきています。
子どもがそれぞれ4人いらっしゃる2家族が家を建てて転出された時は本当に寂しくなりました。
今回も、それぞれ子どもが3人いらっしゃる2家族が移動なので、さらに寂しくなります。
ただ、結婚する若い人も多いので、また数年後にはにぎわいを取り戻しそうなのですがね。

最近は転勤に一緒についてくるご家族も減ったように思います。
子どもがある程度大きくなってくると、連れての移動も本当に難しくなってきますしね。
そういう我が家の子どもも、春から中学生。
あと3年もしたら高校生になり、そうなるともう移動は難しくなってきます。
私もそれまでには拠点を構えなければ厳しいかな、と現実を突き付けられますです。

今住んでいるところは地元でもなんでもないのですが、ここで進学してしまうとここにいるしかなくなっちゃいますよねぇ。
同じような転勤族の皆さんは、いったいどのようにしているのでしょう。
mixiのコミュニティでも探してみようかしら、です。

Comments are closed.